FC2ブログ

オトメ アンド ロックンロール

イラスト/音楽/日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

デッサム!11、12

再び人物。うれしい。
今回は着衣。

IMG_3968.jpg IMG_3970.jpg

2回あったので1回目に後ろ姿、2回目は正面を描きました。

さんざん注意されていたので
形を取る事にかなり丁寧に、時間をかけました。
というか..時間がかかりました。足を描くのが特にスキで、
得意だと思っていたけど難しかった。
でも女の子のモデルさんって言うのは
普段から描きたいものなので楽しかった!なんか幸せでした~
課題だったすこーしずつ薄く陰影を付けて行く事も
前よりはだいぶ改善されたと思います。

今回の講評
●動き出しそう、余白も相まってストーリーがある
●受験のデッサンとは違うけど
凄く個性があるデッサンなので、変に染まらず
このまま描いたら良い
●形を取るのが早くなったらもっと服の模様とか
詰めて面白い物ができるよね、
とのこと。

今の学校に移ってまずは冬期の3ヶ月が終了。
春期も楽しく精進したいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/24(水) 15:29:54|
  2. dessin
  3. | コメント:0

デッサム!10

今回はお花。
百合中心の、ゴージャス+カラフル系と
チューリップ中心の素朴+可愛い系と選べたので
可愛い系に。
IMG_3967.jpg

結果....撃沈...
今回はデッサンは大まかに、
色で作り上げるっていう感じだったのですが
相変わらず水彩は苦手...
先生にも「今回は残念だったね」って言われてしまった..
残念かぁ~~
初めは薄く、塗り分けている段階では
ステンドグラスみたいでいいね!と言われてたのですが
進めているうちに濃くてべたっとした感じになってしまいました。
ダメになっているのが分からないのが素人の悲しい所です。
枝の伸びとか、線はいい物を持ってるから
合う画材を見つけたらいいとの事。

そうそう、筆拭き用タオルに
点々との具がついているのが綺麗と褒められ(?)
この感じを目指すようにと先生に言われました。
わたしのより、タオルの方がお花畑に見えるよね!
これを切り取ってコラージュしたい感じだよね!って。
画家さまの言う事は面白い。
IMG_3965.jpg


次回もガンバリマス...

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/02/24(水) 15:25:07|
  2. dessin
  3. | コメント:0

デッサム!(9)

やりたかった裸婦デッサン
カルチャースクールの単発講座以来、約3年ぶりです。
同じポーズを休憩を挟みながら10分×6回。
はじめに先生から頭ははみ出てもいいから
足はしっかり入れて地面を踏みしめている感を出すと良いと
話がありました。
形が取れたら、画面全体の左右の陰影をつける。
その後、細かい部分ごとのの左右、上下の陰影を。

途中で何回か形を直してもらったのですが
直しても直しても狂ってしまうあたしのデッサン....
マ「なんか変なんですよね~」先生「なんか変だけど独特で面白い!」
えっホントですか。

講評では
「動き出しそうな弾力があるのが良い」と言ってもらいました。
「正確でつまんないよりは個性を伸ばしたらいい」とも言われたけど、
(前回牛骨の時も全く同じ事を...進歩なし~)どっちも欲しいです...
細かい所だと
●目が強過ぎる。
 (首から下全部よりも目の強さの方が勝ってしまっている。)
 これはイラストの癖ですかねぇ。
●ハーフトーンを身につけると良い。
 (初めから濃く影を付け過ぎなので力を抜いて薄く付ける事を覚える。)
 Hの鉛筆を使ってるのに...筆圧が強過ぎるようです。
○自分では前回の方が丁寧だったなと反省。

0209.jpg


次回のお花では
正確に形を取るのにじっくり時間を使うこと
影を極力うすくうすく付けて行くことを、少しでもクリアできたらと思います。

最後に安井曾太郎さんとピカソのデッサン
見せてもらいましたが、芸術品でした。とにかく丁寧。
自分がどこまで出来るかは分かりませんが
こつこつ続けます。

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/02/19(金) 14:15:47|
  2. dessin
  3. | コメント:2

デッサム!8

desam-ushi.jpg

牛骨2回目。
結局色はつけず、鉛筆だけで仕上げることになりました。

遠近法おかしいし、縦横の比率も合ってないけど
(著名な画家でわざとこういう事する人もいるそうですが。)
自由で良い、これはこれで作品として面白い
という何とも言えない評価....
本人は至って大真面目なんですが。
ただ色に関してはキレイで黒白のバランスも独特で良いそうです。
今回はたまたまモチーフが合ってたけど
ボトルとか正確さ重視のモチーフだと厳しいよね、
次回は形を取るのにもう少し時間を使うように、とのこと。
あぁー成長してない~ せっかちなんです。
なんせパースが取れない自覚があってデッサン行く事を決めたのに。

改めて見ると、形が取れてないのに描き込んであるって我ながら気持ち悪いです。
きれいな字で支離滅裂なこと書いてあるみたいな感じがする。
次回は念願のモデルデッサンなので頑張ろう。

今回の先生は合間にしてくれる雑談が良いです。
「安定なんてしなくていいんだよ。失敗しないと見てる方も面白くないよね」
っていうのがこの日は印象に残りました。
もちろん土台のデッサンがしっかりしてるってことが大前提なんですが。
飽きさせない絵作りとか、イラストに通じる話も聞けました。

なんにしても描いてて楽しいし、他の人の作品見るのがまた楽しい。
ダントツビリがどこまで追い上げられるんでしょうか。うまくなりたい。

テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/27(水) 18:39:17|
  2. dessin
  3. | コメント:0

デッサム!再開(7)

201001142228000.jpg

去年デッサンを始めたものの、11~12月は
体調が悪く全然行けませんでした。
今年は仕切り直して、学校を変えて
更に無理のないペースでやろうと思います。

今日のメインモチーフは牛骨。
面による光と影の付き方を中心に描きました。
家でもちょこちょこ描いてはいましたが
やはり久しぶりなこともあり
へ、へた......
完全に落ちこぼれダス。皆さん上手!画面がキレイです(線・構図)。
落ち込みもしましたが
授業は教え方が良い意味で自由で
合間に違う手法(アクリルの具で土台を作ってから鉛筆デッサンをする等)も
紹介してくれたり、参考作品も見られて充実感がありました。
来週は色をつけます。

終了後、霙まじりの雨の中てくてく歩き
スーパーで夕飯の買い物をしてから
バスで帰ったのですが.....爆睡。
家が終点で良かった。久々に運転手さんに起こされました。

脱力したいときはコレ 「飯尾和樹が唄うガッツだぜ」


テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/01/12(火) 22:26:43|
  2. dessin
  3. | コメント:0
次のページ